ホーム > リズム > パンデイロの基本的なリズム紹介[サンバ(Samba)]。

パンデイロの基本的なリズム紹介[サンバ(Samba)]。

この記事はだいたい 2 分くらいで読めます。

サンバ(Samba)のリズム譜

今回ご紹介するリズムは、「サンバ(Samba)」です。

「ブラジルといえば」なリズムですね。
基本中の基本でありながら、とっても奥が深いです。
楽譜で書けばこの上なくシンプルなのに……。

ただ均等に音を刻んでも、独特の「ノリ」は出ません。
じゃあどうすればいいかというと、2 拍目をほんのちょっとだけ早く長く叩いてください。
ポイントは、「ほんのちょっとだけ」です。
楽譜にも書きようがないんですが、この「ちょっと」が「ノリ」に繋がります。

これはもう感覚でしかないので、いろいろ試行錯誤しながらいろいろな人の演奏を聴いてみてください。
関パ振の演奏なんかでも、パンデイロを上に振り上げていることがよくありますが、あれはそういうこと(であることが多い)です。
いずれ何となく分かると思います。

という僕もまだまだ全然なんですが……。
まぁ、演歌のココロを外国人が分かろうとしてるみたいなもんなんで、完全に理解することは難しいんでしょうけど。
気長に行きましょう。

サンバのリズムでパンデイロの音をしっかり聴こうと思ったら、ショーロのように静かで他の打楽器が入っていない曲の方が良いでしょうね。
バツカーダも「ノリ」を得るためにはいいですが、スルドやらカイシャやらタンボリンやらが入ったりしたら、パンデイロの音なんて簡単に掻き消されますから……。

コメント:1

パンパ 2011年9月13日

こんにちは。
アマチュア、プロを含めて、いろんな所でサンバの演奏を聴きましたが、うねるようなリズムじゃないんですね。
無機質なノリになっているか、野球場のブラスバンドみたいな、ジャンジャンジャン!みたいなベタベタなノリのどちらか。

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://pandeiro.btmup.com/rhythm/112/trackback
トラックバックの送信元リスト
パンデイロの基本的なリズム紹介[サンバ(Samba)]。 - パンデイロ底上げブログ [ある関パ振メンバーの日々] より

ホーム > リズム > パンデイロの基本的なリズム紹介[サンバ(Samba)]。

おすすめ商品
リンク
メタ情報

ページの上部に戻る