ホーム > リズム > パンデイロの基本的なリズム紹介[パルチード・アルト(Partido Alto)]。

パンデイロの基本的なリズム紹介[パルチード・アルト(Partido Alto)]。

この記事はだいたい 1 分くらいで読めます。

パルチード・アルト(Partido Alto)のリズム譜

今回ご紹介するリズムは、「パルチード・アルト(Partido Alto)」です。
「パルチード・アウト」って言ったりもするそうです。

サンバとのアンサンブルでよく使われますね。
[T] と [G] だけで構成されているので、初心者でも比較的簡単に覚えられます
バリエーションがたくさんあるリズムなので、あくまで一つの基本的な例だと思ってください。

ポイントとしては、とにかくメリハリ。
短く、跳ねるように感じで。
平坦になるのは NG。
アタマの中でちゃんとサンバの「ノリ」をイメージしてください。
ホイッスルやアゴゴと音を重ねるようにすれば、分かりやすいんじゃないですかね。

あと、実際に試してみれば分かると思いますが、長時間叩くのは意外にしんどいです。
右手はさることながら、打面を支え続ける左手もなかなか。
しっかりホールドできていないと、段々パンデイロが落ちてきて、右手親指がリム(まわりのフレーム)にガツン!
なんてこともよくあるので、充分に気を付けてください(←経験談)。

関パ振の一般公開練習などでも、まずはこのパルチード・アルトを練習してもらうことが多いですね。
その後にサンバなど別のリズムと合わせることで、アンサンブルの楽しさをお手軽に感じることができます。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://pandeiro.btmup.com/rhythm/120/trackback
トラックバックの送信元リスト
パンデイロの基本的なリズム紹介[パルチード・アルト(Partido Alto)]。 - パンデイロ底上げブログ [ある関パ振メンバーの日々] より

ホーム > リズム > パンデイロの基本的なリズム紹介[パルチード・アルト(Partido Alto)]。

おすすめ商品
リンク
メタ情報

ページの上部に戻る