ホーム > 動画

動画

関パ振が出演した、CHOVE CHUVA で開催された「ナニワの赤道直下祭り!」を観てきました!

「ナニワの赤道直下祭り!」トップ

1/22(日)に大阪・京町堀(靭公園)の CHOVE CHUVA(ショヴィ・シュヴァ)で開催された、「ナニワの赤道直下祭り!」という関パ振と叩研のツーマンライブを観てきました。
今回は投げ銭制となっていたこともあり、ライブというより「みんなでワイワイ盛り上がろうぜー!」みたいな色が強かったような気がします。
まぁ、どんなライブでも、最終的には大体そういうことになりますがw。

今回新しいシステムとしては、「詫び銭制」というのが取り入れられていました。
これは、出演者が演奏を間違えるたびに罰としてお金を徴収するという、なんとも緊張感あふれるシステム。
惜しくもその箱を写真に収めることはできませんでしたが、なかなかの額が溜まってたはずですw。

店前にあった看板

第一部は関パ振、第二部は叩研、第三部は関パ振+叩研のコラボという構成でした。
いやー、もう終始盛り上がりっぱなしで、笑いっぱなしだった気がします。
関パ振のレパートリーもだいぶアレンジが変わってたり、他の曲もタイトルとかよく分からないし、とりあえず分かる範囲でまとめてみますね。
(『タンボリン』が若干グダグダだったような気はしますがw!)
使ってた楽器も多すぎて、正直よく分かりません!

関パ振の新しいレパートリーで『バナネイラ(Bananeira)』という歌があって、なぜか聴いたことがあったので気になって調べてみたら、Bebel Gilberto(ベベウ・ジルベルト)の『Tanto Tempo(タント・テンポ)』に入ってる歌なんですね。
いいなぁ。楽しそうだなぁ。また一緒に叩きたいなぁ。
まずは練習する時間を作らないとですけどね。

今回のレポはほとんど写真メインなので、雰囲気重視でw。
最前列に座ってたので臨場感はたっぷりなんですが、その分全体像が見えづらいのはご容赦を。

それでは、いざ!
続きを読む

パンデイロのおじいさんのテクニックがすごい(特にロール)動画。

ときどき無性に観たくなる動画です。
パンデイロのおじいさん 1 人とギターのおじいさん 1 人の共演なんですが、そのテクニックがすごすぎ。
パンデイロを触ったことがある人なら、自然とニヤけてくるはず。
今のところ総再生回数が 14 万回を超えてるんですが、たぶんそのうちの 50 回くらいは僕です。

動画をアップしてくれた人のコメントによると、パンデイロを叩いているのは「Paul Mindy」という方らしいです。
調べてみたら有名なパーカッショニストみたいなんですが……。
すいません。存じ上げないです。聞いたこともなかったです。
まだまだすごい人はたくさん居ますなぁ。
叩いてるときの表情と仕草がチャーミングすぎ!
続きを読む

パンデイロの基本的なリズム紹介[ファンク(Funk)]。

ファンク(Funk)のリズム譜

今回ご紹介するリズムは、「ファンク(Funk)」です。
ある意味、スザーノ奏法を象徴するリズムですね(もちろんスザーノ奏法ではないファンクもありますが)。
ひたすらオルタネイトを続けるので、左手の安定性&スタミナがとても重要になります。
続きを読む

カズーを使った多重録音での『ウィリアム・テル序曲(William Tell Overture)』がスゴい! な動画。

今日はちょっとユルめの動画をご紹介。
ブラジルでもサンバでもないんですがw、比較的よく使う「カズー」という楽器を使って、面白くてスゴいことをしています。

『ウィリアム・テル序曲(William Tell Overture)』というタイトルは知らなくても、曲自体は恐らく誰もが知っているはず。
「パーッ パカパーッ パカパッパッパッパッ……」というアレです。
それをカズーで、一人多重録音によって実現しています。

まぁ、百聞は一見にしかず。ご覧あれ。
続きを読む

3 人が 3 人ともスキルがハンパない! な動画。

関パ振メンバー“ミキティ”から、以前紹介してもらった動画です。
タイトルの通り、ハンパないッス。
うわわわわ……ってなります。
パンデイロを触ったことがある人なら特に。
続きを読む

ホーム > タグ > 動画

おすすめ商品
リンク
メタ情報

ページの上部に戻る