ホーム > CHOVE CHUVA

CHOVE CHUVA

関パ振が出演した、CHOVE CHUVA で開催された「ナニワの赤道直下祭り!」を観てきました!

「ナニワの赤道直下祭り!」トップ

1/22(日)に大阪・京町堀(靭公園)の CHOVE CHUVA(ショヴィ・シュヴァ)で開催された、「ナニワの赤道直下祭り!」という関パ振と叩研のツーマンライブを観てきました。
今回は投げ銭制となっていたこともあり、ライブというより「みんなでワイワイ盛り上がろうぜー!」みたいな色が強かったような気がします。
まぁ、どんなライブでも、最終的には大体そういうことになりますがw。

今回新しいシステムとしては、「詫び銭制」というのが取り入れられていました。
これは、出演者が演奏を間違えるたびに罰としてお金を徴収するという、なんとも緊張感あふれるシステム。
惜しくもその箱を写真に収めることはできませんでしたが、なかなかの額が溜まってたはずですw。

店前にあった看板

第一部は関パ振、第二部は叩研、第三部は関パ振+叩研のコラボという構成でした。
いやー、もう終始盛り上がりっぱなしで、笑いっぱなしだった気がします。
関パ振のレパートリーもだいぶアレンジが変わってたり、他の曲もタイトルとかよく分からないし、とりあえず分かる範囲でまとめてみますね。
(『タンボリン』が若干グダグダだったような気はしますがw!)
使ってた楽器も多すぎて、正直よく分かりません!

関パ振の新しいレパートリーで『バナネイラ(Bananeira)』という歌があって、なぜか聴いたことがあったので気になって調べてみたら、Bebel Gilberto(ベベウ・ジルベルト)の『Tanto Tempo(タント・テンポ)』に入ってる歌なんですね。
いいなぁ。楽しそうだなぁ。また一緒に叩きたいなぁ。
まずは練習する時間を作らないとですけどね。

今回のレポはほとんど写真メインなので、雰囲気重視でw。
最前列に座ってたので臨場感はたっぷりなんですが、その分全体像が見えづらいのはご容赦を。

それでは、いざ!
続きを読む

1/22(日)大阪・京町堀(靭公園)の CHOVE CHUVA で開催される「ナニワの赤道直下祭り!」に関パ振が出演します!

ホントに今さらなんですが、今度の日曜日(1/22)に CHOVE CHUVA(ショヴィ・シュヴァ)で関パ振がライブします。
僕は出ないんですけどね。
今回は一応ツーマン(?)ライブとなっておりまして、「叩研(たたけん)」というタイコ大好き集団も出演します。

料金はお客様自身がふさわしいと感じた額を払っていただく、いわゆる「投げ銭制」となっていますので、騒ぐだけ騒いで何も払わずに返っていただいても結構です。いやホントに。
ま、そんな気にはさせませんけどね(ニヤリ)。

僕の元には当日の情報は断片的にしか入ってこないんですが、何やらいろいろと画策しているみたいですよ。
乞うご期待。

「ライブ」と言いつつ、全員参加型になるのは目に見えてますので、皆さん楽器をご持参のうえお越しくださいね。
最悪、楽器じゃなくても音の出るものなら何でも良いです。
続きを読む

3/4(日) 小澤敏也 流 パンデイロワークショップ VOL.11 特別編 『パンデイロのためのリズムワークショップ』+『小澤敏也×岡部洋一Wパーカッションライブ&参加型ライブ』+『交流会』のご案内

小澤敏也岡部洋一

もはや恒例となった小澤敏也さんによるパンデイロワークショップですが、11 回目を数える今回は特別編!
ゲストにマルチパーカッショニストの岡部洋一さんを迎え、「ワークショップ+参加型ライブ+交流会」という超豪華仕様になっています。

内容が盛り沢山なだけに、時間もかなりの長丁場。
14:00からのワークショップに始まり(受付は 13:00 から)、30分ほどの休憩を挟んで、夕方からはノンストップのライブ&交流会!
終了予定は 21:00 となっていますので、正味 7 時間ということになりますね……。
正直、長いッス。かなり長いッス
あと、参加費も 6000 円 + 1drink(500 円)ですから、正直高いッス。けっこう高いッス

ただ! ただ!
それに見合うだけの内容であることは間違いありません。
この内容で開催されることは、今後はまずありえませんよ!(主催者談)

少しでも「おっ」と思うところがあれば、時間と財布に都合がつくならば、ぜひ参加されることをおすすめします。
続きを読む

kawole さんのライブ(@ CHOVE CHUVA)を観てきました。


4/3(日)、大阪・本町の靭公園近くにある「CHOVE CHUVA」にて、我らが歌姫 kawole さんのライブがありました。
「kawole+ especial!!」と名付けられた今回のライブ、その名の通りスペシャルな夜になったと思います。

今回の出演者は 4 人でした。
通常の「kawole+」のお二人(kawole さん、藤山龍一さん)に加え、7 弦ギターの山田“やーそ”裕さんと、パーカッションの小澤敏也さんを加えた編成。
一人一人が際立っていながら、しっかり融合というか、一つの世界を作り出しているように感じました。
いくつかアドリブのように見受けられるところもありましたが、そこはまぁ百戦錬磨の皆さんですから。
難なく音を紡いでいきます。


続きを読む

ホーム > タグ > CHOVE CHUVA

おすすめ商品
リンク
メタ情報

ページの上部に戻る